頭痛

頭痛1(筋緊張性頭痛)

筋緊張性頭痛とは首・肩・背中(肩甲骨周囲)・咀嚼筋の筋肉が持続的に異常に収縮することにより、局所に軽微な鬱血(静脈の灌流状態)が起こり痛みを生じる頭痛です。

痛みが生じていることによりさらに筋肉が収縮を起こし悪循環になることもこの頭痛の特徴です。

ポイントにしっかり鍼灸をして筋緊張を緩和させ、痛みを軽減させることで悪循環から出れば1〜3時間で緩和することが多いのが特徴です。

2 thoughts on “頭痛1(筋緊張性頭痛)”

コメントを残す